2013年11月10日

あと一日だね♪

チョビのお誕生日前日・・・今日は私の誕生日。
かろうじて四捨五入しても50才です(笑)

たくさんのお祝いメッセージやメールをいただいて、どうもありがとうございます。
おかげさまで、今年のお誕生日も笑顔で過ごしています。

朝から近所のワン友さんがケーキをかかえて遊びに来てくれて・・・
久しぶりのTOPSのチョコレートケーキ。
1.jpg

名前も入れてくれて照れちゃいますね、でもうれしい☆
2.jpg
こちらはリンゴのタルトのケーキ、ほどよい甘さに心までもとろけます。

今日は大雨という天気予報がハズレで、東京はほとんど雨も降らず、
夕方には青空ものぞきました。
朝のお散歩に行っていなかったアンを連れて、アンチョビパパも一緒に
ゆったりと地元のお散歩をしていたら・・・
お花屋さんの店頭にピンクのプリンセチアを発見☆
ベルキーちゃんゆめちゃんママのfbできれいなお花を見て、いいなぁって
思っていたピンクのポインセチア『プリンセチア』です。
(私が選んだのは、1番濃いピンクの「ルージュ」)
「今日はチャンス(^_-)☆」ってことでパパにおねだり(笑)

3.jpg
ラッキー、買ってもらえました(笑)
私の欲しかったお花&クリスマス気分もバッチリ&チョビのお花畑もにぎやか
3倍のお得感(^m^)

あと、パパからのプレゼントは・・・
どうも昨日届いたコレらしいです(^^;
4.jpg
前から迷っていたのですが、楽天優勝セールの流れの中で購入〜。
結構よい感じです。昨日はお肉、今日は干物と野菜を焼いていますが、
油要らずでの焼き野菜がおいしいです。お肉も干物もふっくら〜
この冬は、お鍋、ザイグルで焼き物料理。この2つでラクできそうです(^0^)

ご飯のしたくをラクして何をしていたかというと・・・
やっぱり今日もアンチョビの写真を見ちゃっていたんです。
今日の親ばかシリーズは、アンチョビ2匹の写真で。
0707anchobi1.jpg

04044.jpg

10091.jpg

anchobi2.jpg

DSC_0370bbs.jpg


お誕生日だから、ということで今日は少しかなりあやしい話を書いちゃいます。



昨日、またチョビの夢をみました。それもお昼寝で(笑)
いつものソファでテレビを観ていたんだけど、眠さにたえられず
そのままゴロンってしたときに・・・
私が横向きでくの字になってころがっているおなかのところに
スポッてチョビがくっついてきて一緒に寝る。
あったかくて気持ちいいな〜って。

夢なのか現実なのか・・・
夢なんだろうけれど、チョビはいつもそんな風に
私のそばにいるのを感じちゃうんです。あやしい?(笑)

もっとあやしい話もしてしまおう(笑)


チョビが旅立ってから、チョビはいつも私のそばにいるのが
当たり前のような感覚で私は暮らしていて・・・
そう私が思い込むきっかけになったことがありました。

チョビが旅立って3日目の日曜日。
私はお休み出来ない生徒さんのレッスンがあって、いつも通りに
レッスン室で2時間のお仕事をしたのですが・・・
1時間半ほどしたときに、急にぞくっとするような感覚がおこって。
「あっ、チョビがリビングのドアのところで待ってる」って
鳥肌がたつほど、チョビを感じちゃったの。
チョビがどんな顔で、アンと一緒にどんな並びで、リビングのドアの
向こう側で待っているのかも目の前に見えるようだったんです。

レッスン終わりまでの30分が待ち遠しくて、レッスンの終わるのと同時に
リビングのドアをあけてもどった時の、すごくあったかくてホッとした気持ちも
忘れられないです。やっぱりその時の私には、リビングのドアの向こうの
チョビの「待ってるよ」っていう気配がビシビシ伝わってきたから。

そのとき、私が思ったことは・・・
旅立ったチョビは、もう体にしばられることはないのだから、
もうお留守番も何もなく、いつでもどんなときでも、私のそばにくっついて
いるんだろうなぁって思っていたんだけれど、そうじゃないんだってことです。
生きているときとまったく同じように、それまでの変わらない生活をして、
私の仕事の終わるのを待っているんだってことでした。


私が仕事をしているときは、アンチョビはリビングで待っているのがお約束だから、
亡くなったあともチョビはそれをしっかり守るらしいです。
私が「一緒においで」って誘えば、その時は一緒にくるらしい。


それから、チョビを想うたびに、チョビがそばにいるかいないか、
なんとなくチョビのそのときの姿が心にうかびます。

ふだんはほとんど私の足元かとなりにいる。
でも、寝室のアンチョビベッドの中だなって感じるときもある。

トイレにいくと、私の足音のほかにチャっチャっチャって、チョビの
足音がきこえてふりむいたりする。

お風呂に入っていると、チョビがドアのむこうで待ってるのを感じたりする。

買い物に向かう自転車の途中で、「あれ、チョビ?」って思って
自転車のかごを見ると、そこでニマって笑うチョビがうかんだり。
逆に「あ、今日は一緒に来ていない、おうちでお留守番だ」って思う時が
あって、お買い物を急いだり。


あやしいですか?(笑)
あやしい人になっているのは自分でもわかっていますが(苦笑)
でも、こんな感じでいつもチョビが近くにいるのを感じちゃっています。


四十九日までは、家族のそばにいる・・・というお話もききます。
この感覚が今だけのものなのかもしれないし、これから変化するのか。
でも、自分の気持ちのままにチョビとつきあっていきたいと思います。


明日はいよいよチョビの10才のお誕生日。
さびしい思いをしちゃうかなって心配もした明日ですが、
でもやっぱり明日が楽しみな私です。
今日もまた、そんな気持ちでいられることに、心からの感謝をこめて
ささえてくださるみなさま、本当にありがとうございます。

ニックネーム アンチョビママ at 23:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする